• ONION Pictures

SONY FX-6  セミナーコンテンツの撮影

更新日:5月3日



ある業界のセミナーの収録風景です。スピーカー1名での講義シリーズのまとめとしての今回は、複数のスピーカーが登壇する対談形式のセミナー収録となりました。そのため、3台のカメラにサイズを割り振ってのマルチカメラ収録です。

カメラはSONYのFX-6を3台、としたかったのですが手配先のFX-6が出払ってしまい、3台揃えることが難しくFX-6(左側)2台確保、α7(右側)を1台というカメラ構成となりました。FX-6はそれほど人気なんでしょかね、使ってみるとそれもありえるかなという印象ですね。

4KでIntra圧縮 4:2:2 10bit 収録ができ、QFHDでも120fpsハイスピード撮影もできて(CF Express 使用の場合)、NDも可変、ブリージング補正なんてのもある。色調も落ち着いて私はありがたいです。全部を試せていないけど、そのほか必要不可欠以上てんこ盛り機能が、このコンパクトなボディーとコストで搭載されて、時代を感じずにはいられないです。

手配が難しいくらい、このカメラ引っ張りだこなんですかね。その昔、超有名アーティストのコンサートがあると、カメラレンタル会社から16mmフィルムカメラが消えてしまうという、遥かに遠い時代がありましたが、そんなふうな事で業界が元気な兆候ならいいのですけど。


閲覧数:30回

最新記事

すべて表示