• ONION Pictures

8Kカムコーダー8C-B60Aの撮影 SHARP(アストロデザイン)製

更新日:2020年6月30日

今年のはじめ、8K作品制作のため、SHARP(アストロデザイン)製8Kカムコーダー8C-B60Aでの撮影を行いました。


このカメラについてカタログからの基本スペックの抜粋です

◯Super35mmCMOSセンサー3,300万画素 8K60p対応

◯PLマウント

◯収録

 SSD(専用)

Grass Valley HQX Codec(7680×4320 4:2:2 10bit)

 フレーム周波数 23.98,24,25,29.97,30,50,59.94,60HZ

◯ガンマカーブ HLG/ Log

◯色域 ITU-R BT.2020/709


製品ホームページ

https://www.astrodesign.co.jp/product/8c-b60a_8k-camcorder




このカメラを使用して撮影を行うのは、今年と昨年と2回目になります。

私の勝手なイメージで、8Kカメラはきっと扱いが大変なんだろうな、と思っておりましたとが、このカメラ、一般的な放送用カメラと同じように取り扱うことでき、こんなにあっさり撮影できるのかと最初は驚きました。


外装の操作は一般的な放送用ビデオカメラ系の作りをしており、大きさも若干大きい程度。内部の設定はシンプル、インターフェイスも分かりやすく作られていますので短時間で把握でき、撮影中の設定確認も容易なところはストレスがありません。SSDのサイズは汎用のSSDよりも大きいですが、一般的な収録メディアのセッティングとあまり変わりません。


このカメラには、DF-3516という専用ビューファインダーが付属していますが、これが優れものです。今回、8K HLG/ITU-R BT.2020による撮影を行いましたが、8KHDRモニターなんて用意できないなあ、という環境で、このファインダーによって、8Kでは大変シビアなフォーカス(ピント)、明るさ、色調など、撮影現場で押さえるべきところは確認できます。

このファインダーについては次回の投稿でもう一度ネタにするつもりですが、昨年行なった実景(風景)の撮影などでも、このファインダーがあれば、カメラ単体での運用も不安が少なくなります。



8K画像はカタログ情報のように、SSDにGrass Valley HQX Codec(7680×4320 4:2:2 10bit) のデータとして収録されます。2TのSSDカートリッジで8K60p40分の収録が可能です。カタログ上1/7圧縮となっています。SDカードにプロキシ(軽いHD画像)収録もできます。

8K収録データもDaVinciResolveで扱うことができるので、今回の仕上げ作業は、

ポストプロダクション会社EXCEEDさんに多大なる協力をいただき、DaVinciResolveが組み込まれた4KHDRカラーグレーディングルームにて行いました。

http://www.ex-ceed.co.jp/colourcore.htm

気を使うところとしては、レクチャーされながら忘れがちになり現場で慌てる本番毎録画前のオートブラックバランス調整(FPN補正)カタログ上4Kカメラの3倍以上の大きな消費電力(実際冬山でバッテリー交換早かった!)、最新の4Kカメラ程ではないダイナミックレンジ、などなどありますが、ご予算以外(これが大きいけど)、8K撮影への心のハードルを取り払ってくれるカメラです。


閲覧数:26回

最新記事

すべて表示